2015年5月13日水曜日

ロゴ

目にしたひとたちに、一目見ただけですっと理解してもらうためのデザイン。
何年か前に、観光ロゴマークをがんばってみたことがありました。
そのときにも同じようなことを思ったのですが、「すべての商品が商品としてかたちをなすまでに、さまざまなプロセスを経ているのだということ」です。
すごいなぁと、あらためて。

今回も同じようにロゴですが、その事業の理念やなにかをしっかりふまえて、枠の中に表現するというとってもたのしくもあり、悩ましい作業をしています。

アルベルト・アインシュタインが、「私は天才ではない。ただ人よりも長くひとつのこととつきあっていただけだ」というようなことを言ったって読んだことがあるけれど、その時私は、ただ時間を費やすわけではなくて、そのことと真剣に向き合うということがとても大切なのだろうな、だからこそ掘り下げてゆけるのだろうなと感じました。

少しばかり違うけれど、いつぞや感じたそのことを思い出して、今、本当に真剣に向き合っています。