2013年8月31日土曜日

大切なひとたちと生きる

ひとが生きてゆくには、本当にたくさんの瞬間を抱いていくことになる。 数年前に亡くした祖母のことも、現在進行しそうな父のことも、私を取り巻くすべての人やことやものが関係するそのたくさんの瞬間が、私を育ててくれるのだろうか。私をつくるそのたくさんの瞬間をどうして栄養に変えてゆこうか。受け入れ、消化して、私自身が浄化できるように。

2013年8月22日木曜日

葛藤のようなもの

他人の意見を大事にするもいいが、時と場合によっては、己の直感的な意見にも従うべきなのか。

『わたし』を自由に表現するということ

コンペの資料づくり。ずいぶん悩みましたが、主人にみてもらって「おもしろいね~」と言われて、ようやくほっこりとした気持ちが流れ出しました◎わたしを客観視するために、わたしじゃないひとが見るわたしをインタビューしました。とても良い機会となりました。わたしって、みょうちきりんな人物。でも、受け入れて生きよう。

2013年8月19日月曜日

夏のまいにち。

これから近い秋には、主人につくってもらった『んほかのき』の小さなギャラリーで展覧会を計画しています。当初は、夏にと考えていたのですが、尊敬している方にお話をしてからもう少しプランを練りなおすことにしたのでした。

私のこの夏は、とてもあわただしく過ぎています。
子どもたちのことを、お家の中のことを、いろいろな時間を使ってしています。それだからなのか、どうもこの頃は、お仕事を計画的に作り上げて行くことがとても難しいです。

毎日、少しでも勉強する時間を持つように心がけているのですが、夏休みが始まったころにそのわたしにとっては貴重な時間に、はっ!と発見したことがあり、とあるコンペに挑戦することになりました。
今までの私の作品を眺めて、そしてずっと思ってきたことやあたためてきたことをその発見したことと照らし合わせて決めました。

情報発信のためのツールのひとつとして、ブログのほかにfacebookを利用していたのですが、制作の時間をもう少し増やしたいと考え、facebookをしばらくお休みすることにしました。ご報告や作品についてのアップなどはこちらのブログを通してお知らせしたいと考えています。よろしくお願いいたします。

2013年8月2日金曜日

いろんな紙でお試し中。














昨日、画材屋さんに行ってきました。
どのような作業をしたいのかを店主に説明して相談にのっていただきました。
よく行く画材屋さんにはお目当ての紙がなく、ずぅ~っと昔に行ったことのある北九州の画材屋さん。
とても親切でした。そして、楽しかったです。
薦められた紙は、なんと高級紙でしたが、思い切って購入してみました。
こんな形で購入することになるとは思っていなかった紙でしたから、不思議な嬉しさがあります。

いつものように朝の家事が一段落してから作業です。

自宅にストックしている紙と版画用のこのarchesの紙も、同じ作品を出力してみています。
この作業、わくわく感が伴って実に楽しいです。

少しだけ先延ばしにした展覧会に向けて、再び動き出しています。