2013年12月28日土曜日

次へ。

先日のHB Gallery file competition の結果に励まされ、私は次へ向かうことにしました。応募するコンペもしぼって、絵を描く日々です。子供たちがそばにいて、遊んだりしている声や姿が心地よく、私の世界に行ったり来たりしています。ただいま、下地の下地でマットメディウムを塗りおわり、乾かしている途中です。この頃使っている紙はコピー用紙。今年楽しかったフェルトペンや色鉛筆のイラストとアクリル絵の具を使った背景を組み合わせて、私の表現ができたらいいなと思って、取り組み中です。

2013年12月25日水曜日

初めてチャレンジしたコンペ。HB GalleryのFile Competition。なんと二次審査を通過してました!びっくり!チャレンジはしたけれど、通用するなんて思ってもみなかったから、審査の結果の時期も忘れていました、笑。たまたまこのギャラリーについて調べていたら、なんともう結果が発表されていました。勉強になるからと受賞者の作品や評価を読んでいたら、下の方に私の名前!これからも絵を描いていくことを続けてゆきたい気持ちになりました◎ありがとうございました◎

おわった

無事に終了しました。来年の1月に待ってるお仕事に取りかかります。ちょっと挑戦的な感じなので、その課題を私の画風でどんな風に表現できるか楽しみです。

2013年12月24日火曜日

もうちょっとだ!

今日は今年最後の締切のあるお仕事に追われています。このひとを使って仕上げるのですが、なかなか進みません。このひと、今、乾かし途中です。横では、息子が同じように絵具で絵を描いていますが、ふたりで機関車トーマスの歌をハミングしています、笑。

 『よいしょっ、よいしょっ。』 がんばるぞ!

2013年12月19日木曜日

日常にいっぱい

しめきりになんとか間に合いました!日常にはデザインがあふれていることに改めて驚かされました。そのものが形になるまでにたくさんのことが考えられて生まれてくるのだもの。すごいなぁ。

2013年12月18日水曜日

久しぶりにでございます。

今月末に出版される『季刊午前』第49号に、挿画として作品を2点使っていただきました!ありがとうございます◎

2013年12月13日金曜日

しめきり

10月くらいからしめきりのあるお仕事と格闘中。あたまがぐるぐるしています。

2013年10月31日木曜日

マント

今日はハロウィン。
先日知人が開いたパレード。
体調不良で参加できなかった我が家の子供たちのために、今日はお菓子だけでもとちょっとしたイベントを開いてくれることになりました。ありがとうございます。

仮装の準備ができなかったので、朝から新聞紙にペイント。
下は、息子が自分のために。
上は、学校に行ってる娘のために私が。

これをマントにしようと考えています。

このところ、なんだか足踏みしているような感覚の毎日でしたが、息子と久しぶりに絵の具を使って、好き勝手にペイントして、ほんの少し晴れたような気がしました。

行き詰まったとき

本当は次のことだけを考えていればいいのに、たくさんのことが頭の中を支配する。
そんなとき、私は鉛筆を削ります。

なんにも考えず、一本一本と向き合います。

2013年10月23日水曜日

ぶつぶつ

non title 2013
この頃、時計の6のところから9のところを行ったり来たりしてる。
どうしてかなぁ。












non title 213

2013年10月17日木曜日

心ってどこにあるのかな?

non title 2013
心の奥に潜んでいるとわかっていながらどうすることもできなかった感情が、昨晩、すぅっと浄化されました。
嘘のよう。
身近な存在が私を救ってくれました。

柔らかく穏やかな気持ちで毎日を過ごせたら幸せです。








non title 2013











non title 2013

2013年10月16日水曜日

笑って過ごそう。


何の役に立つというのだろう 2013
人生の中のほんの少しの時間ですむのだから、嫌なことがあったとしても、笑って過ごそう。

水性マーカーと色鉛筆は、気軽で楽しい。









あなたと私のあいだでは 2013

2013年10月11日金曜日

水性マーカーと色鉛筆

あいかわらずもとのままで 2013

息子がとなりで一生懸命お絵かきしています。
そして、私も。
同じ紙に、同じ画材をつかって。

私の絵には、あちこちに“てんてん”が登場します。
この“てんてん”は、なんだろう。


 





non title 2013














いずれ、私は忘れましょう 2013









2013年10月8日火曜日

ありがとうございました

9月23日(月)~28日(土)まで、自宅の一室を使って行いました展覧会“てんてん”。
おかげさまで、無事に終えることができました。
新しいイラストチックな世界に少しずつ足を踏み入れることができた機会となりました。

ありがとうございました。

最近は、コンペティションチャレンジのための準備をしています。
9月末には申し込みを済ませたので、10月に入った現在は作品の選定に時間を費やしています。
今回の課題として、頭を悩ませたことがあります。

それは、『わたしを自由に表現する』ということ。

難しくもあり、楽しくもありました。

残りの月日。
“さらし”を使った作品に取り組むこと。
そして、たくさんのご要望をいただいた“レターセット”についても販売に向けて考えたいと思っています。

2013年9月25日水曜日

展覧会レポート


小さなギャラリーをopenさせて、ゆっくりと進行中のお仕事をしながら過ごす。
すぐそばでは、息子が積み木で遊ぶ。

わたしがコンペチャレンジのために、試行錯誤しながら生まれたイラストチックな作品を展示した空間を、一緒に味わってくださるお客さまに感謝して◎


今日は、展覧会三日目。
事務所としている別のスペースでは次の企画の打ち合わせをしました。

気がつくと、外では雨が降っていて、看板や黒板が濡れていました

残り三日間。

次へと繋がりますようにわたしなりに時間を大切に過ごしたいと思います。 

 

2013年9月15日日曜日

展覧会の日程についてのお知らせ

みなさま、お元気でいらっしゃいますか?

我が家では、現在、娘が原因不明の腹痛と嘔吐をしてしまって病院を行き来している状態です。さらにまた今朝から息子が嘔吐症にかかってしまったようです。

こちらの勝手で本当に申し訳ないのですが、展覧会の日程を下記の通り、延期させてください。

日程 : 16日~21日 → 23日~28日

ご予定として考えてくださっていた方々、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
心よりお詫び申し上げます。

2013年9月6日金曜日

展覧会のお知らせ

長い間待たねばなりません 2013

satoko inada solo exhibition
“てんてん”
期 間:2013/9/16(mon.)~21(sat.)

今回は試験的な展覧会ですが、作品の展示販売をいたします。
DMはびっくりするほどわずかな部数しか作りませんでした。

どうぞよろしくお願いいたします。

2013年8月31日土曜日

大切なひとたちと生きる

ひとが生きてゆくには、本当にたくさんの瞬間を抱いていくことになる。 数年前に亡くした祖母のことも、現在進行しそうな父のことも、私を取り巻くすべての人やことやものが関係するそのたくさんの瞬間が、私を育ててくれるのだろうか。私をつくるそのたくさんの瞬間をどうして栄養に変えてゆこうか。受け入れ、消化して、私自身が浄化できるように。

2013年8月22日木曜日

葛藤のようなもの

他人の意見を大事にするもいいが、時と場合によっては、己の直感的な意見にも従うべきなのか。

『わたし』を自由に表現するということ

コンペの資料づくり。ずいぶん悩みましたが、主人にみてもらって「おもしろいね~」と言われて、ようやくほっこりとした気持ちが流れ出しました◎わたしを客観視するために、わたしじゃないひとが見るわたしをインタビューしました。とても良い機会となりました。わたしって、みょうちきりんな人物。でも、受け入れて生きよう。

2013年8月19日月曜日

夏のまいにち。

これから近い秋には、主人につくってもらった『んほかのき』の小さなギャラリーで展覧会を計画しています。当初は、夏にと考えていたのですが、尊敬している方にお話をしてからもう少しプランを練りなおすことにしたのでした。

私のこの夏は、とてもあわただしく過ぎています。
子どもたちのことを、お家の中のことを、いろいろな時間を使ってしています。それだからなのか、どうもこの頃は、お仕事を計画的に作り上げて行くことがとても難しいです。

毎日、少しでも勉強する時間を持つように心がけているのですが、夏休みが始まったころにそのわたしにとっては貴重な時間に、はっ!と発見したことがあり、とあるコンペに挑戦することになりました。
今までの私の作品を眺めて、そしてずっと思ってきたことやあたためてきたことをその発見したことと照らし合わせて決めました。

情報発信のためのツールのひとつとして、ブログのほかにfacebookを利用していたのですが、制作の時間をもう少し増やしたいと考え、facebookをしばらくお休みすることにしました。ご報告や作品についてのアップなどはこちらのブログを通してお知らせしたいと考えています。よろしくお願いいたします。

2013年8月2日金曜日

いろんな紙でお試し中。














昨日、画材屋さんに行ってきました。
どのような作業をしたいのかを店主に説明して相談にのっていただきました。
よく行く画材屋さんにはお目当ての紙がなく、ずぅ~っと昔に行ったことのある北九州の画材屋さん。
とても親切でした。そして、楽しかったです。
薦められた紙は、なんと高級紙でしたが、思い切って購入してみました。
こんな形で購入することになるとは思っていなかった紙でしたから、不思議な嬉しさがあります。

いつものように朝の家事が一段落してから作業です。

自宅にストックしている紙と版画用のこのarchesの紙も、同じ作品を出力してみています。
この作業、わくわく感が伴って実に楽しいです。

少しだけ先延ばしにした展覧会に向けて、再び動き出しています。


2013年7月29日月曜日

もう少し練ります。
















昨日、『季刊午前』の表紙デザインをされている方にお会いしました。
この方には、以前からお世話になっていて、私が信頼している先生のような方です。
この頃の私の絵をファイルにして、見ていただきました。
おほめの言葉、そしてアドバイスをいただき、とても勉強になった一日でした。

私の住まいは閑静な場所です。
そこで、毎日作業をしていますが、たまに福岡市内のたくさんの人や交通機関などの動きの中に入るととてもとまどいます。
でも、昨日はたまには出て行くべきだなぁと感じました。
多くの刺激をもらって帰ってきたのでした。

ところで。
来月に展覧会をと考えていましたが、もう少しプランを練りたいと思います。
DMもあとは印刷だけという格好だったのですが、よりよいものにするためにもう少し時間をかけたいと思います。
すごくわくわくしています。
頭の中で考えることも楽しいし、それが形になっていくのはもっと楽しい。

今日は子どもたちと一緒に画材を見てきました。
あいにく、お目当ての紙が見つからず断念。
もう少し大きな画材屋さんに足を運ぶつもりです。
思うものが見つかるといいのだがなぁ。。。

(写真:もしもがいっぱい 2013 126×175mm)


2013年7月25日木曜日

いつでもどこでもなんでもがお勉強。

何かの行動をおこすということが、身を結ぶということにつながる。

展覧会の準備がもう少しというところまできました。
そして、私は次の動きの準備にとりかかっています。

今回の展覧会で展示する作品は、今までのアクリル絵の具を何層にも塗り重ねた作品ではありません。どちらかというとイラストのような作品たちです。
こんな私の中に存在する世界を知ってから、枠のようなものに囚われていた自分に気がつきました。
水性マーカーと色鉛筆を使って、私の頭の中に生まれたものをそのままに描いたいわゆるデッサン的な作品です。

この世界を見て、そして、私は次の動きにとりかかろうと思いました。

待つという行為も大切ですが、行動をおこすことも大切ですね。
タイミングもあるのでしょうが、目の前が明るくなった感じです。

2013年7月24日水曜日

もくもく。

お空に浮かぶ白くて大きな雲。
もくもくとしてる。

私も今、もくもくしてるかな?

只今、連日作業中。
再来週に予定(!)している展覧会の準備です。

主人から、
「今回は、自宅に開いた事務所を開放してするお試し展覧会。だから、DMは自分で作ってみなさい。」
と言われました。
下書きを悩ませながらこしらえて、いざパソコンへ。

キャプション。額装。。

ピクチャーレール等々の準備も。

『展覧会に関わるすべてのことをする』というのははじめてのこと。
本当に勉強になります。


2013年7月8日月曜日

タイトルを決めましょう。


















相変わらず、息子の隣に座って描いています。
毎日楽しくお絵かきしています。

8月に展示できたらいいなぁと思っていたのですが、不安に思っていたことがあったりしたので、昨日、大切な友人に無理を言って時間を作ってもらい、作品をいくつか見てもらいました。

元気と勇気というパワーをいただいて◎
前にすすもう!

今日は躊躇していて怠っていたタイトルを考えています。
つねに息子が隣です。ありがとう!癒されながらの作業です。

2013年7月6日土曜日

いろいろなご報告

本当にご無沙汰していました!
いろいろなことがどば~っとやってきて、なかなかに追いついてない毎日でした。

今日は、私の歩み方で進めてきたことをご報告させていただきたくって、ずいぶんと久しぶりの更新です。

★ちいちゃいですが、“んほかのき”の看板を掲げました
★作家名を“浦川聡子”から“稲田聡子”に変更しました
★8月に企画展を予定しています
★以前、お話していた企画がようやく進みだしました

毎日、“んほかのき”という私の愛すべき場所で、お仕事をしています。
これからどんなふうに流れてゆくのか、心からわくわくしています。

2013年3月27日水曜日

その後の私。

今月12日から20日まで開催いたしました、『浦川聡子・Con-Fu. 2人展』。
たくさんの方々にご来場いただきましたこと、心からお礼申し上げます。

今回は、会場が同県であったことが幸いし、私自身も何度か足を運ぶことができました。
そして、お客さまと接することができたことはこれからの活動において大きな栄養となりました。

ありがたいことに、作品をご購入くださった方々もいらっしゃって、現在お礼状とステイトメント等のお便りを作成中です。
また、会場である『四季彩 輪』での常設展示も決まり、オーナーからご依頼いただいた私の名刺(!)らしきものを生まれて初めて準備中です。

今後は、年始のご挨拶(http://nhokanoki.blogspot.jp/2013/01/blog-post.html)でも申し上げた通り、励んでゆきたいと思っています。
また、ワークショップの内容を充実させてゆきたいと考えています。

進行中のお仕事ですが、アクセサリー商品の台紙に私の作品を起用していただきました。こちらについては、のちにご報告いたします。

とにもかくにも、あわただしくもうれしくしあわせな春。
このしあわせが続きますように、私自身が何事にも全力で取り組んでゆきたいと思います。

『四季彩 輪』
http://www.con-fu.com


2013年3月13日水曜日

展覧会のお知らせ















浦川聡子・Con-fu. 2人展
3/12(火)-3/20(水)
11:00-17:00 無休
場所は、芦屋町山鹿にある「四季彩 輪」です。
http://www.con-fu.com/



また、以前よりご要望をいただいていたこともあり、今回、急遽限定で封筒を販売いたします。
よろしかったら、いらしてください。


2013年2月8日金曜日

新しい作品

私のここ十年ほどは、小さな命に恵まれたり、大切な人を失ったりして、心の内側で膨らんでいく気持ちとともに生活しています。もちろん、そういったことを経験する以前にも、心の内側で膨らんでいく気持ちはありました。だけども、以前は感じることのなかった、なんとも表現し難い気持ちがあります。

そういう気持ちを残したくて、ここ数年、画面と向き合っている私がいます。

先日、ふたつの作品を仕上げることができました。
今日は、その新しい作品をアップします。


















なごやかな大気となって(#1:上、#2:下)
2013
300×300mm
アクリル・オイルパステル・水性マーカー・鉛筆、シナベニヤ
 霧雨の降る風景。小さな大切な人と歩きながら、いろいろなことでからまった糸がふっとほどけてゆくような、心がだんだんとやわらかであたたかな感じに包まれてゆくところを表現した。

2013年2月6日水曜日

この頃の作業(お知らせとともに)

3月12日(火)から20日(水)まで、展覧会をしていただけることになりました。
場所は、遠賀郡芦屋町にある『輪(Rin)』というお店。
古い友人のはからいで、お店の方に私の作品をみていただく機会を作っていただいたことがきっかけでした。
心から感謝しています。

展示が決まっている作品については梱包も済み、搬入を待つのみ。
先方からのお願いで、会期中に作品の入れ替えをすることになりました。

そんなわけで、ただいま新作に向かっています。
先日、Facebookにあげた2連の作品はほぼ完成。
今日から147×100mmサイズの小さな作品、5枚に取り組んでいます。





















先月の末から、お昼間も一緒に過ごすことになった息子の歌う『トーマスメドレー♪』をBGMに。笑
かわいい鼻歌まじりの歌声に、にこにこ笑顔で作業が進む私です。

2013年1月25日金曜日

1週間

子供たちが風邪を引いてしまいました。
予定していた打ち合わせは、ありがたいことに相手の方も体調不良で延期に。
ホッとしたのもつかの間。息子の幼稚園に呼ばれたり‥なんだかんだとありました。
気がつけば、今日はもう金曜日。はっ!という感じです。

少しの時間を見つけては仕事を進めていた私です。

アクセサリーのパッケージに使う台紙の絵を描かせていただくことになりました。
なんとも個性的で素敵な作品を制作されている方とのお仕事、とても勉強になっています。
また、2連の平面に取り組んでいて、こちらは今後予定しているお仕事に使うためのもの。
なかなか手ごわいですが、楽しく励んでいます。

活動を再開してから制作したものには、すべてステイトメントをつけることにしました。どんなに小さな作品も同じクオリティで扱いたいと思って決めたことです。今、去年の暮れに新年の挨拶状用の封筒にと制作した作品のそれを考えていて頭が痛いです。自分の内側から生まれたものについて言語化する作業は難しく、頭がくねりくねりとなります。

2013年1月8日火曜日

ご挨拶

初春のお慶びを申し上げます。
新年のご挨拶が遅れてしまい、申し訳ありません。

今年のお仕事。
★下準備だけは済ませてある、2メートルのさらし木綿の作品の制作
  (これは、カットして巾着を制作予定)
★正方形の2つのパネルを使って連なる作品の制作

タブローとしての作品はもちろん、上記のさらし木綿の巾着、作品で封筒を制作したものについては、販売を考えています。

★公募展への挑戦
  (引き続き、チャレンジします)

また、去年の暮れにFacebookを始めました。
私の日常を投稿しています。
よろしければ、ご覧ください。

今年も楽しい時間を過ごしながら、私の内と向き合って作品制作に励みます。
いつも応援をしてくださる方々、そして、ワークショップに参加してくださる方々、感謝申し上げます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。