2012年7月30日月曜日

むかし、欲しかったもの。

子どもたちが、もう少し小さかった頃。
私は、壁に貼るタイプ(紙)の身長計が欲しくて仕方ありませんでした。
さんざん探しましたが、これ!というお気に入りが見つからず、断念。

雑貨といわれるものは、世界中にたくさんあふれています。
でも、私は結局、身長計を購入しませんでした。

ひとから言われて気がついたこと。
私は、買わないで作る。
これは、私の生活の中でとても重要なことになっています。

さて。
今回の8月のワークショップは、その身長計をつくってみようと思います。

2012年7月28日土曜日

遊びながら‥

夏休み。
入りました!
毎日、毎日、うるさいです(笑)。
でも、しあわせなことなのですよね。

しかし、作品に取り組むことがなかなか難しく、ストレスがたまりつつあります。

早朝から、お外で遊んで疲れた息子が、お昼寝をしました。
そのあいだ、娘から、「遊ぼう!」とせがまれ、何か楽しめないかなぁと考えました。

















幼稚園や小学校からもらってくるお手紙は、たいていの場合、裏が真っ白。
うちではそれに穴をあけて、リングに通して、自由に使えるようにつりさげています。
それに、絵を描いて折り紙をつくることにしました。
娘は大喜び!
上の写真は、出来上がった絵です。

















それを折り紙してみました。
左上のブルーのは、いぬ。
右上の黄色いのは、おさいふ。
下のは、鶴です。

こんなきれいなものにしあがるとは思っていなかったです。
世界にたった一枚の折り紙だなんて、すてきです。
親子で楽しんだ時間でした。





















おまけ。
小さい頃、こんなことしましたよねぇ(笑)。
かわいい、ちいさな足です。

2012年7月21日土曜日

ワークショップ#1 ご報告

本日、13時から予定通り、ワークショップを行うことができました。
この企画のコンセプトをお話し、ご理解を得て開始。
先日気がついた問題点も、なんとか解決していたので、私自身もがんばれました。
皆さんにも喜んでいただけた様子でした。

しかし!
うっかり、模様を写真に記録することを忘れてしまいました。
それを思い出したのは、作業も終わって、お茶を召し上がっていただいていた時でした。

出来上がった作品たちは、どれもキラキラしていて素敵でした。
参加された方たちは、親子でうれしそうなお顔をしていて、私はしあわせでした。

本当にありがとうございました。
 





















今回は、『大切なメモ帳になる』と題して、一枚の絵を2冊のメモ帳のカバーにしました。
ならべると1枚の絵になりますが、それぞれに手に持つことで、その絵が動き出します。
ママたちがカバーをコーティングする作業をしている間に、子どもたちはトリミングしたあとの残った紙を使って、ちぎり絵を完成させました。
それをアクリルの写真立てに入れると、素敵になりました。
(今回は、記念すべき第1回ということで、限定でアクリルの写真立てはプレゼントしました♪ただいま、在庫がなくなりましたのでプレゼントは終了させていただきます。)

本当にありがとうございました!

2012年7月19日木曜日

んんん

んほかのき ワークショップが、今週の土曜日に迫ってきました。
自宅での開講ということで、ゆるやかな時間の中で楽しんでもらえたらいいなと考えているのですが‥。

今日から夏休みに突入した息子と一緒に、ふたりっきりのワークショップをしてみました。
今回設定している内容を試しにしてみたところ、問題点がちらほら。
大丈夫だろうかと、とても不安になりました。
しかし、参加を希望してくださった方々がいらっしゃることを考えると、大丈夫だろうかというワークショップを開催することはできません。
これから、しっかりと見えてきた問題点を解決したいと考えています。

作家としての活動の幅が広がってきました。
これからの糧にできるように、私自身、常に勉強してゆきたいと思っています。

2012年7月18日水曜日

結婚のお祝いに贈る作品

連休に主人の実家に帰っていました。
宮崎!暑いけど、気持ちよかったです。

さて、今、私は、結婚のお祝いに贈る作品に取り組んでいます。
今日は、なんとなく小学校を休んでしまった娘と一緒に筆を握って。
今回は、支持体にホルベインのボールドキャンバスを選びました。
シナベニヤに慣れている私にとっては、弾力の少ないこのボールドキャンバスは、描きやすくてよかったです。
しかし、アクリルの黄色がない!と気がつき、終了。トホホ。
昨日から、急激に気持ちが高まっていたのになぁ。
仕上がって、郵送前に投稿したいと思っています。

2012年7月11日水曜日

あるいは大気に溶けた星

先日、やっと新しい作品のステイトメントができました。
自分の作品を言語化するというのは、本当に難しい作業です。

写真、勉強しないといけないかもしれませんね。。。





















あるいは大気に溶けた星
2012
650×530mm
アクリル・オイルパステル・鉛筆、シナベニヤ

家族とともに生活している空間には、そのひとたち、その時間にしか生まれ得ない浮かぶものがいくつもある。それらはいつしか積み重ねられ、独特の色をもつ。その空間をイメージし、表現した。

2012年7月5日木曜日

お知らせ

んほかのき ワークショップ#1
『大切なメモ帳になる』

日時   7月21日 土曜日 13:00~(2時間程度)
内容   小さなメモ帳のカバーをつくります。
      おとなとこどものメモ帳をならべると1枚の絵になります。
参加費   500円(材料費)
      親子でご参加ください。
場所   福岡県宗像市

参加をご希望の方は、下記のメールアドレスまでご連絡ください。
詳細をお知らせいたします。
また、ご質問等も受付いたします。
nhokanoki@gmail.com


2012年7月3日火曜日

ワークショップ

ひょんなことから、知人のお子さんに“絵を教えてほしい”と頼まれました。

!!

ありがたくて、ありがたくて、感激しました。
こんなに進歩したお話をいただくなんて、文芸誌の挿画のお話以来のことだったので、とてもうれしくて仕方ありませんでした。

でも、私は、本当に自分の好きなように絵を描いているだけ。
学校で学んだこともなく、教えるなんておこがましいし、私の持っているものでは無理。

私は、日頃、二人の子どもたちと、○○○大会と称して、いろんなアートを楽しんでいます。
子どもたちはそれがとても気に入っているらしく、毎日、『ねぇ、今日は?○○○大会しないのぉ~?』と忙しくしている私のお洋服を引っ張ります。
これまで、お絵かき大会、ねんどこねこね大会、お題でお絵かき大会、貼り絵大会、いろんな支持体大会、などなど‥。

そんなことをやってきた私は、あることを思いつきました。
それは、ワークショップという企画です。
教えるというよりも、親子で一緒に楽しむ場をつくりたいなぁと考えたのです。
これには、主人も賛成してくれました!(←これ、大切ですよね?)

ただいま、いろいろと計画中です。
このワークショップは、私のお家でやりたいなぁと考えています。
どこかの会場をおさえて‥というのは、現在の私には非現実的です。
だったら、このお家でやったらどうだろう?ということになりました。
人数もごくごく少人数で。
コンセプトは、“生活の中に絵画を!”
みんなが生活にアートを自然と取り入れることができたらいいなぁと思っています。

また、詳しいことが決まりましたら、ご報告したいと思っています。