2012年12月26日水曜日

ぐるぐる‥

次の動きに向けて頭の中がぐるぐるしています。
今年ももうすぐ終わり。
でも、あと数日残っているこの時間を無駄に過ごしたくない気持ちが強いです。

私の一年を振り返ると、活動の幅が広がったことがとてもうれしかった一年でした。ワークショップを始めたり、初めて公募展にチャレンジしたり。自宅を開放したこともあって、人の出入りが活発な年でもありました。

来年は、どこかで作品を発表する機会をつくりたいと思っています。そして、公募展にもチャレンジし続けてゆきたいと思っています。そのために、作品に取り組む日常を大切にしたいと思っています。

2012年12月23日日曜日

考えること

これからも、私が描きたいものを描いてゆきたい。どんな作品を生み出したら、世の中に受け入れられるのかではなく、私の世界観を表現してゆきたい。どんな考え方や意思を持って、制作に向かっているのか。常に険しいけれど、常に楽しい。

2012年12月17日月曜日

楽しい準備

お仕事が楽しいです。 来月、先日お会いしたギャラリーの方に、私が保管している作品を見ていただくことになっています。 そのため、ただいま、作品を整理し、準備中です。 小さなものから大きなものまで。 ポートフォリオを整理していたときは、全く感じなかったのですが、これまで描いてきた作品を、あーこれもあったなぁ、あーあれも!と、それぞれの時の私を思い出しながらの作業です。 こんな機会に恵まれてしあわせです。

2012年12月4日火曜日

残念でした‥

先月29日に届いたと連絡のあった『Monster Exhibition 2013』。
昨日、選考結果について連絡がありました。
一次審査、通りませんでした(泣)。
でも、私はこれからもアートを楽しみたいと思います!
初めて公募展にチャレンジしたのですが、私自身のためになりました。
今回は、題材がMonsterということで、私の作風では想像しにくかったのかもしれません。
と、とても前向きに考えています。

2012年11月26日月曜日

Monster Exhibition 2013

この度、『Monster Exhibition 2013』なるものに挑戦します。
アートやデザインが震災で傷ついた人々の心の隙間を癒やすと信じて‥という思いから行われるプロジェクトなのですが、この思いに賛同しました。

このMonsterから私が想像したものは怪獣ではありませんでした。
何度考えてみても、竜巻が頭に浮かぶのです。
私の作風でどのようにこのMonsterに取り組もうかと今から楽しみで仕方ありません。

まずは、ポートフォリオ提出。
この一次審査に通らなくては作品制作には進めません。
初めての挑戦ですが、楽しみたいと思っています。

2012年11月21日水曜日

新しい作品への取り組み

 

以前、ボールドキャンバスに描いていたスケッチを、かねがねパネルに描きたいと思っていました。今日は先日購入したパネルの下準備をしました。下地のジェッソを何層か塗るために、パネルの表面にサンドペーパーをかけました。

今回挑戦するのは、『TRIP?』で挑戦した壁一枚くらいのサイズの次に大きいサイズ。といっても、それよりはずいぶん小さいですが‥。『あるいは大気に溶けた星』よりも若干大きいサイズ。楽しみです。












上のスケッチが今回パネルに描きたいと思っているものです。
私は、よく建築物をスケッチします。
もしかすると、2004年に大分で開催した展覧会“chateau partiel”(お城のどこか)以来、建築物の一部分を切り取ったデザインに魅かれているからかもしれません。
このスケッチも実は、近所の蔵のような建物の一部分です。

2012年11月17日土曜日

ご報告

かねてより、ワークショップに参加してくださっている方たちから、ありがたいお言葉をいただいていました。
それを真剣に考えていましたが、これからもいままで以上に精進することを誓い、参加費を一律1,000円にさせていただくことにしました。
皆さまのありがたいお言葉にこころから感謝いたします。
これからも皆さまと楽しい時間を過ごしたいと思います。
たくさんのご参加をお待ちしています。

やりたいと思うこと

欲張りですが、私にはやりたいと思うことがたくさんあります。
出会えた方たちに喜んでもらえるような仕事がしたいです。
せっかく始めることができたワークショップを試験的なものではなく、広げてゆきたいと思うし、作品を仕上げて公募展などに出品したりしたいし、昔のように個展も開きたい‥。
夢をあげればきりがないほどです。

この頃、ネタ帳を新調しました。
便利の良いようにスケジュール帳と一緒になったものにしました。
そのネタ帳がはやくも青いインクで汚れていっています。
それは、息子の風邪が原因で、もっぱらネタ帳とにらめっこする日が多いからなのですが、おかげで自分が思い描くものや作品に対する考え方など見つめることができました。

これからは、もう少し、一貫性のある質とスタイルを追求することができたらいいなぁ。
貫かれた哲学のようなものがそこに反映できていたら、私の作品ももう少し良いものになるのではないかと‥。
私の作品に触れてくださった方たちに、私の考えるものが少しでも伝わったなら幸せだなぁと思います。
そのためにも、日々の努力を惜しむことなく、常に向き合ってゆきたいと思います。

2012年11月9日金曜日

展覧会がしたい!

もう、タイトル通り。
展覧会がしたいです。
昨日は、またパネルと絵の具を買ってきました♪うふ。
体力もいるし、大変だけど、どうしても叶えたい夢です。
がんばろー。

2012年11月6日火曜日

娘の絵画造形教室

思えば、娘が一歳になるかならないか…くらいのころから、家でふたりっきりの絵画造形教室を開いていました。
それが、この頃は大きくなったので、あまりそばにはついていず、出来上がった作品をみせてもらう感じでした。
息子も加わって、絵を描くこともあれば、工作を楽しむこともあり、なかなか集中した時間を過ごしているようです。
お友だちが、みんな習い事をしているなか、娘は、家でのそんな時間を大切にしている様子。
思いきって尋ねてみました。
『ママの教室、する?』
目をキラキラ輝かせた娘の顔がありました。

まだ、調査の段階で、教室を開くまでは至っていませんが、ワークショップとは違って、続けて絵を描いていく楽しさをみんなで味わえたら素敵だなぁと思っています。

2012年11月5日月曜日

決意もあらたに

寒くなってきました。
貧血を起こしたり、風邪をひいたりと、やたら体調が悪くていました。

今日は、これからの活動をがんばってゆくための決意をしました。
☆毎日スケッチをする
☆スケッチから作品へ昇華させる(月に1つ~2つ)
☆企画を練る

多くの作品を制作してより多くの方にみていただくことで、そこから何か広がりが生まれるのではないかなと思っています。

2012年10月3日水曜日

スケッチの昇華

もうずいぶん前のスケッチを眺めていて、どうしても作品に昇華したいと思いました。本当は、先月の間に取り組む予定だったのですが、時間を作ることができずにいました。ようやくです。

今日は気持ちのよいお天気。
風が少し強いですが、自然の音に耳を澄ませながら深呼吸。












幼稚園バスで通い出した元気な息子と一緒に小川や田んぼのある道を楽しんで帰って来たあと、私のここに残った色をペインティングナイフで練りながら、開始。
久しぶりの作業は本当に楽しくって幸せです。
絵を描けることの幸せを感じた時間でした。

2012年9月28日金曜日

子どもの創造するもの

あるお休みの日。
娘が私とふたりっきりになったので、うれしそうに、『ママ、遊ぼう!』と言いました。
何して遊ぶのかなぁと思って、娘の言うとおりに動いていました。

用意したもの
★紙
★色鉛筆
★はさみ
★ついたて

ついたて(?)‥と思っていたら、小さなテーブルに準備を整え、娘からこんなひとこと。
『相手のことを考えて、相手の好きなものを描いて、切って、あげるの』
ついたては、その描いているものが相手に見えないようにして、おどろかせるのだそうです。

この遊びはとてもおもしろかったです。
相手のことをいつもみているからできるし、相手のことを一生懸命考えるからできる。
より、娘のことを理解することになりました。
楽しかった。












上の写真は、娘と私が互いのことを考えて描いた絵です。
娘の絵は、いつもなにかこう踊っているような感じがします。
大好きです。

7月だったか‥ちょうど夏休みが始まったころに、娘と折り紙を作ったことがありました。
プリントの裏紙をつかって、絵を描いた折り紙でした。
その遊びにも通ずる、心がほっこりとなるような遊び。
大切だなぁと思いました。
この娘が考えた遊びは、また近いうちにしたいと思います。

2012年9月18日火曜日

ワークショップのお知らせもかねて

貴重なひと月。
前半は、ほとんどが頭の中で考えたり、書類を整理したりという作業でした。

息子の登園拒否は、もうしばらく続きそうです。
幼稚園、辞めてお家で一緒に過ごしてもいいのだけれど、本人が辞めるのはいや!だそうです。
どうしましょうかね?(笑)

さて。
後半がはじまりました。
本当は、新しい作品にとりかかりたいです。
というわけで、夜に時間をつくろうかな?と考えています。

来月にスタートする予定のワークショップの内容もほぼ決まり、少し忙しくなりそうです。

抽象画の描き方。
他の作家さんがどのようにして描いているのか私にはわかりませんが、
私はこんなふうにデフォルメしているという部分があります。
今回は、この抽象画にチャレンジしていただこうと考えています。
そうすることで、美術館やギャラリー、あるいはカフェなどに展示してある絵画作品を目にしたときに、抽象画だからわからないではなくて、なんとなく感じるものが心にあればそれはうれしいことだなぁと思ったのです。
少しでも多くの方に、抽象画を受け入れていただきたいと思ったのでした。

2012年9月12日水曜日

貴重な時間を有効に

また!
息子が登園拒否!
でも、約束して今日は行ってもらいました。

こんな貴重な時間を使って、ワークショップの企画を練り練り。
いくつか、案があがったので、今夜は一番の理解者であり厳しい主人に相談です。
好きなように描くというのも、参加していただいた方たちには難しく感じるところもあるようで、今回はその辺りの改善も試みたいと考えています。

2012年9月4日火曜日

地味な作業、地道な作業

物事を進めるにあたって、どうしてもしなければならないことってのがあります。
それは、たいていの場合、地味な作業であり、地道な作業です。
でも、結果に繋がるとても大切な作業でもあります。

私は今、図書館から借りてきた資料を読み漁ったり、
これからの作品の構想を練ったり、
ポートフォリオの見直しや更新をしています。

性に合っているのか、こんな作業が好きです。

ただ、時間に余裕がないと出来ないことなのです。

昨日から、子どもたちの2学期が始まり、今のところ私には時間があります。
でも、いつまた子どもたちが体調を壊すかわかりません。
集団で生活し、そこで吸収してくることの中に病気というのもあるのは事実だから、今のこの時間を有効に使いたいのです。

活動をゆるやかに再開したというものの、その実、作品はあまり完成していません。
2011年は、1枚。
2012年は、2枚。
私にとって転機となった1枚は2007年の作品ですが、その年も1枚でした。
これから冬までの間に、数枚の作品は仕上げたいと考えています。

夏休みから始めた自宅でのワークショップは、ありがたくも好評でした。
10月予定の回も、いろいろと企画中です。

こんな課題満載の私のこれからに結果を結ぶべく、地味な作業、地道な作業に取り組む日々です。
 
娘のちょっとしたお絵かき

2012年9月1日土曜日

ウキウキの私。

今日、なかなかにたくさんの資料を入手してきました。うれしくて、ホクホクです。これからの1ヶ月を大切に、私にとって、糧となる時間を過ごしたいと思います。また、10月に向けて、参加してよかったねと心から思っていただけるようなワークショップにするために、精進したいです。今、本当にウキウキの私です。

2012年8月29日水曜日

ワークショップ#1 ご報告

本日13:00から、ワークショップ#1『大切なメモ帳になる』を開催しました。
この内容は、先月行ったものです。
ありがたいことに、とても好評だったものです。

私自身としては、お試しワークショップ(娘、息子と一緒に我が家でやってみるもの)も入れて3度目でしたが、何度やってもきっと緊張します(笑)。

さて、このメモ帳のカバーの良いところは、描いた絵がそれぞれに動き出すところ。
そして、親子で世界にひとつしかないメモ帳を持てるというところ。

最年少の2歳の女の子も挑戦!かわいらしい作品となりました。
また、もうひとりの女の子もお母さんと一緒にもくもくと作品と向き合っていたのがとても印象的でした。















素敵に仕上がったメモ帳たち。
作品をトリミングして残ったものを使って、小さな貼り絵も作ってみました。















上の写真の奥のアクリルの写真立ての中にはいっているものがそれです。
ランダムに貼る子もいれば、きちんと計ったように揃えて貼る子など、さまざまで面白かったです。

子どもたちのストレートに表現された作品を見るのは、私の勉強になっています。
参加してくださった方たちに感謝いたします。
楽しい時間をありがとうございました。

2012年8月27日月曜日

ひと月の充電

来月9月は、スケジュールの都合上、ワークショップが行えそうにありません。

今後のワークショップは、造形的要素の強かったものから絵画的要素の強いものにシフトしてゆきたいと考えているので、勉強したいと考えています。
だので、ひと月の充電ができるのは、ありがたいです。

ひと月の間にしたいこと。

★新しい作品に取り組む
★資料を読む
★10月からのワークショップの企画

参加してくださる方々の心に残るワークショップができるように、私自身、楽しんで過ごしたいと思います。

2012年8月25日土曜日

ワークショップ#2 ご報告

22日(水)と24日(金)にワークショップ#2を開催しました。
今回は、『成長のきろく』と題して、壁に貼るタイプ(紙)の身長計をつくりました。

メモリを書く木の幹と枝は、布を使って表現。
真ん中に貼った幹に枝を貼り付けてゆくのですが、枝の位置や向きに個性が出ました。

また、仕上げにボタンやスパンコールを貼り付ける作業があるのですが、枝にしか貼らない子や幹から生えたように貼る子、ボタンにスパンコールを重ねて貼る子などさまざまで、これもまた個性。

私にとって非常に興味深い時間でした。






















はじめは、前回とは打って変わって、大きな紙に驚かれた方もいらっしゃいましたが、最終的にはとても素敵な作品に仕上がりました。
















上の写真は、一足先に完成させた(私の子どもたちの作品)身長計です。
色鉛筆の仕上がりは少しばかり、迫力に欠けますが、 なかなか面白いものになりました。
(実際に参加された方たちの樹の根元には、支持体と木をよりそれらしくするために、草の模様を描いた紙を切って貼っていただいています。)

参加くださった方々、本当にありがとうございました。
また、これまで造形的要素が強いワークショップだったので、今後は絵画的要素の強いワークショップを行いたいと考えています。
詳しい日程などが決まりましたら、お知らせにアップしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

2012年8月22日水曜日

私の引出しにほしいもの

今日は、ワークショップ#2の『成長のきろく』、開催日でした。
でも、参加してくださったお子さまのモチベーションが、なかなか上がらずに途中で断念。
おうちに持ち帰っていただいて、後日続きをすることになりました。

私だって、描きたいという気持ちが盛り上がらない時がたくさんあります。

そして、いつも子どもたちと接していて思うことは、ふとしたことが大切だということ。
怒るのも、笑うのも、泣くのも‥。

んほかのき ワークショップは、親子で参加していただきます。
だから、私が、お子さまに対して、そういうふとしたことを持ち合わせていられるかどうかは、実はとても必要なことなのだと、気づかされました。

今後の課題のひとつ。

2012年8月20日月曜日

お知らせ

今までの企画では、本当にとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
まだ先月始めたばかりですが‥(笑)。
ありがとうございました。
参加してくださった方々に心から感謝いたします。

さて、んほかのきワークショップからのお知らせです。

日程が合わずに断念された方、また、当日の体調がすぐれずにキャンセルされた方で、下記の企画に、参加をご希望の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
日程を調整して、開催したいと考えています。
よろしければ、楽しい時間を過ごしませんか?

●#1 『大切なメモ帳になる』
小さなメモ帳のカバーをつくります。
おとなとこどものメモ帳をならべると1枚の絵になります。
参加費 500円

●#2 『成長のきろく』
コラージュという手法を取り入れて、
壁に貼るタイプの身長計をつくります。
参加費 1,000円

nhokanoki@gmail.com

2012年8月14日火曜日

すてきに額装

先週の土曜日に、子どもが生まれるまではよく通った画材屋さんに行ってきました。
家族で(笑)。

福岡市内にあるその画材屋さんは、一階が画材、二階が額縁の売り場になっています。
少々敷居が高いイメージもぬぐえないのですが、勇気を出してよく行っていたのには理由があります。
それは、店員さんの豊富な知識と丁寧な応対を信頼しているから。

今回は、額装をすることが主な用事でしたが、すてきに仕上がりました。
日にちがかかるものと思っていたのですが、支持体がボールドキャンバスだったので、その場で作業をしていただいて、持ち帰ることができました。

写真に記録するのを忘れていて残念。
(作品にサインを入れるのも!作家としてどうなのか‥と落ち込みましたが‥)
額装後に、撮影したので、ガラスになにやら反射して写っています。トホホ。











 


降る泉
2012
230×160mm
アクリル・オイルパステル・水性マーカー・鉛筆、ボールドキャンバス

良いことも悪いことも幸せに変えられるという場所がどこかに存在するのだということを想像した。生きていると、ふと感じることがあるしみじみとした幸福感は、私自身の心次第で、どのような色にもどのような形にもなって、そのどこかに存在する泉に降り注いでいるのかもしれないということを考えた。
結婚のお祝いに贈る作品として、丁寧に取り組んだ一枚でした。
早速、配送したいと思います。

2012年8月8日水曜日

かんせぇ~い

今日は、久しぶりの夜の作業。夏休みで、お昼間の作業が難しくていましたが、やっぱり、描きたいのです。夜に作業時間を作ることにしました。そして、結婚のお祝いに贈る作品の仕上げです。タイトルは、『降る泉』。仕上げている最中に、頭のなかに浮かんではなれませんでした。やっと完成して、ちょっと嬉しかったので、ご報告です。明日、作品の写真とステイトメントを投稿したいと思っています。

2012年8月4日土曜日

試行錯誤‥の日々

ワークショップをするようになって、こんなことしたら楽しいかな?と考えることが増えました。

今、私にはおもしろい課題があります。
生活の中で出る、空き箱などの廃材を使ったワークショップです。
案はいろいろとあるのですが、ずっと使ってゆけるものに変身させることが難しく、まだ考え中です。

今日は、子どもたちと試験的に、空き瓶を使ったワークショップをしてみました。

材料は、
★空き瓶
★ダンボール紙
★ビーズ細工用のナイロンの紐
★ボタンや貝殻、ビーズなど
★ガムテープ

まず、小さく切ったダンボール紙の両面に絵を描きます。












これを乾かしている間に、気に入ったボタンや貝殻、ビーズなどを選んで、瓶に入れます。

ダンボール紙に描いた絵が乾いたら、上の部分に、きりで小さな穴をあけます。
その穴にビーズ細工用のナイロンの紐を通して、瓶の蓋にガムテープで貼り付けます。
瓶の中に浮いたようにするのがコツです。












右から、娘、息子、私が作ったものです。
















子どもたちは、お部屋の窓辺に飾っているようです。
なんだか、嬉しそうでした。
瓶はガラスでできていますが、おひさまの光があたってキラキラしています。
ボタンや貝殻、ビーズなどは、なんだか宝物の予感がします。
私は絵を描き始めたころ、よくコラージュしたものです。
ちなみに、私が作ったものは、トイレの窓辺に飾ってみました。

絵の具を乾かす時間もありますが、だいたい1時間くらいで仕上がります。
ワークショップで行うには、『これ!』という決め手に欠けますが、子どもたちは楽しかったようです。

絵画が日常のどこかに入り込むにはどうしたらよいのか?ということを考えるのは、とてもおもしろいです。
ワークショップをすることを決めたとき、それがコンセプトとして、真っ先に私の頭に浮かんだことでした。

本当に試行錯誤‥の日々です。
おもしろくも楽しくありますが、これがまたとても勉強になっています。

2012年7月30日月曜日

むかし、欲しかったもの。

子どもたちが、もう少し小さかった頃。
私は、壁に貼るタイプ(紙)の身長計が欲しくて仕方ありませんでした。
さんざん探しましたが、これ!というお気に入りが見つからず、断念。

雑貨といわれるものは、世界中にたくさんあふれています。
でも、私は結局、身長計を購入しませんでした。

ひとから言われて気がついたこと。
私は、買わないで作る。
これは、私の生活の中でとても重要なことになっています。

さて。
今回の8月のワークショップは、その身長計をつくってみようと思います。

2012年7月28日土曜日

遊びながら‥

夏休み。
入りました!
毎日、毎日、うるさいです(笑)。
でも、しあわせなことなのですよね。

しかし、作品に取り組むことがなかなか難しく、ストレスがたまりつつあります。

早朝から、お外で遊んで疲れた息子が、お昼寝をしました。
そのあいだ、娘から、「遊ぼう!」とせがまれ、何か楽しめないかなぁと考えました。

















幼稚園や小学校からもらってくるお手紙は、たいていの場合、裏が真っ白。
うちではそれに穴をあけて、リングに通して、自由に使えるようにつりさげています。
それに、絵を描いて折り紙をつくることにしました。
娘は大喜び!
上の写真は、出来上がった絵です。

















それを折り紙してみました。
左上のブルーのは、いぬ。
右上の黄色いのは、おさいふ。
下のは、鶴です。

こんなきれいなものにしあがるとは思っていなかったです。
世界にたった一枚の折り紙だなんて、すてきです。
親子で楽しんだ時間でした。





















おまけ。
小さい頃、こんなことしましたよねぇ(笑)。
かわいい、ちいさな足です。

2012年7月21日土曜日

ワークショップ#1 ご報告

本日、13時から予定通り、ワークショップを行うことができました。
この企画のコンセプトをお話し、ご理解を得て開始。
先日気がついた問題点も、なんとか解決していたので、私自身もがんばれました。
皆さんにも喜んでいただけた様子でした。

しかし!
うっかり、模様を写真に記録することを忘れてしまいました。
それを思い出したのは、作業も終わって、お茶を召し上がっていただいていた時でした。

出来上がった作品たちは、どれもキラキラしていて素敵でした。
参加された方たちは、親子でうれしそうなお顔をしていて、私はしあわせでした。

本当にありがとうございました。
 





















今回は、『大切なメモ帳になる』と題して、一枚の絵を2冊のメモ帳のカバーにしました。
ならべると1枚の絵になりますが、それぞれに手に持つことで、その絵が動き出します。
ママたちがカバーをコーティングする作業をしている間に、子どもたちはトリミングしたあとの残った紙を使って、ちぎり絵を完成させました。
それをアクリルの写真立てに入れると、素敵になりました。
(今回は、記念すべき第1回ということで、限定でアクリルの写真立てはプレゼントしました♪ただいま、在庫がなくなりましたのでプレゼントは終了させていただきます。)

本当にありがとうございました!

2012年7月19日木曜日

んんん

んほかのき ワークショップが、今週の土曜日に迫ってきました。
自宅での開講ということで、ゆるやかな時間の中で楽しんでもらえたらいいなと考えているのですが‥。

今日から夏休みに突入した息子と一緒に、ふたりっきりのワークショップをしてみました。
今回設定している内容を試しにしてみたところ、問題点がちらほら。
大丈夫だろうかと、とても不安になりました。
しかし、参加を希望してくださった方々がいらっしゃることを考えると、大丈夫だろうかというワークショップを開催することはできません。
これから、しっかりと見えてきた問題点を解決したいと考えています。

作家としての活動の幅が広がってきました。
これからの糧にできるように、私自身、常に勉強してゆきたいと思っています。

2012年7月18日水曜日

結婚のお祝いに贈る作品

連休に主人の実家に帰っていました。
宮崎!暑いけど、気持ちよかったです。

さて、今、私は、結婚のお祝いに贈る作品に取り組んでいます。
今日は、なんとなく小学校を休んでしまった娘と一緒に筆を握って。
今回は、支持体にホルベインのボールドキャンバスを選びました。
シナベニヤに慣れている私にとっては、弾力の少ないこのボールドキャンバスは、描きやすくてよかったです。
しかし、アクリルの黄色がない!と気がつき、終了。トホホ。
昨日から、急激に気持ちが高まっていたのになぁ。
仕上がって、郵送前に投稿したいと思っています。

2012年7月11日水曜日

あるいは大気に溶けた星

先日、やっと新しい作品のステイトメントができました。
自分の作品を言語化するというのは、本当に難しい作業です。

写真、勉強しないといけないかもしれませんね。。。





















あるいは大気に溶けた星
2012
650×530mm
アクリル・オイルパステル・鉛筆、シナベニヤ

家族とともに生活している空間には、そのひとたち、その時間にしか生まれ得ない浮かぶものがいくつもある。それらはいつしか積み重ねられ、独特の色をもつ。その空間をイメージし、表現した。

2012年7月5日木曜日

お知らせ

んほかのき ワークショップ#1
『大切なメモ帳になる』

日時   7月21日 土曜日 13:00~(2時間程度)
内容   小さなメモ帳のカバーをつくります。
      おとなとこどものメモ帳をならべると1枚の絵になります。
参加費   500円(材料費)
      親子でご参加ください。
場所   福岡県宗像市

参加をご希望の方は、下記のメールアドレスまでご連絡ください。
詳細をお知らせいたします。
また、ご質問等も受付いたします。
nhokanoki@gmail.com


2012年7月3日火曜日

ワークショップ

ひょんなことから、知人のお子さんに“絵を教えてほしい”と頼まれました。

!!

ありがたくて、ありがたくて、感激しました。
こんなに進歩したお話をいただくなんて、文芸誌の挿画のお話以来のことだったので、とてもうれしくて仕方ありませんでした。

でも、私は、本当に自分の好きなように絵を描いているだけ。
学校で学んだこともなく、教えるなんておこがましいし、私の持っているものでは無理。

私は、日頃、二人の子どもたちと、○○○大会と称して、いろんなアートを楽しんでいます。
子どもたちはそれがとても気に入っているらしく、毎日、『ねぇ、今日は?○○○大会しないのぉ~?』と忙しくしている私のお洋服を引っ張ります。
これまで、お絵かき大会、ねんどこねこね大会、お題でお絵かき大会、貼り絵大会、いろんな支持体大会、などなど‥。

そんなことをやってきた私は、あることを思いつきました。
それは、ワークショップという企画です。
教えるというよりも、親子で一緒に楽しむ場をつくりたいなぁと考えたのです。
これには、主人も賛成してくれました!(←これ、大切ですよね?)

ただいま、いろいろと計画中です。
このワークショップは、私のお家でやりたいなぁと考えています。
どこかの会場をおさえて‥というのは、現在の私には非現実的です。
だったら、このお家でやったらどうだろう?ということになりました。
人数もごくごく少人数で。
コンセプトは、“生活の中に絵画を!”
みんなが生活にアートを自然と取り入れることができたらいいなぁと思っています。

また、詳しいことが決まりましたら、ご報告したいと思っています。

2012年6月25日月曜日

ネタ帳

私はネタ帳を持ち歩いています。
そのネタ帳には、生活のいろいろが書かれています。
例えば、子どもたちとの関わりの中で感じたことなど、お買い物メモや生活費の消費状況なんかも書いてあったりします。
作品のステイトメントの下書きもあります。
もちろん、作品の計画などもあります。

私の作品は、生活の中で生まれるこんなものたちから昇華しているので、ごちゃごちゃしていてみょうちきりんな帳面ですが、大切なネタ帳となっているのです。

一日に何度も手にするのですが、なかなか読みごたえがあります。
楽しい帳面です。

この前、表紙が、ぼろぼろになりかけていたので、息子がくれたお手紙をカバーにして、ビニールシールでコーティングしました。
ますます気に入っています。























先日、続きは『また後日‥』とした作品が仕上がりました。
ただいま、ステイトメントを作成中です。
きちんとご紹介できるようになったら投稿します。

2012年6月22日金曜日

ラフの日々

昨日からラフを描いています。 お店の改装のお祝いに贈りたいというご依頼をいただきました。ラフを描いての作品へ…という流れは、正直苦手なのですが、確実に期日を守りつつ、思う作品に仕上げるためには仕方ありません(泣)。ふふふ。今日は風も光も心地よくて、得意の『ぼぉ~っ』とした私がそこここに。はっ!ラフ、ラフ(笑)。

2012年6月19日火曜日

お仕事の様子 その後その後‥

待っている間に、眠くなりました。

そして、この作品は、ラフがありません。
頭の中には常にあった作品なのですが、描きながら、少し構想が変わりました。
(他の作家さんはどうかわかりませんが、私の場合、こういうことがとても多いのです。)












キューブを画面全体に広げてみることにしました。

写真が下手だなぁ‥。

これから、乾くまで待たないといけないのですが、今日は、娘の帰宅が早いとの連絡がありました。
台風の影響というわけではない様子。
小学校もいろいろです。

今日の投稿はこれで終了とします。
この続きは後日に。

お仕事の様子 その後‥

乾かしている間に、やめ~ぇぇ!と思っていた家事をしてしまいました(笑)。

さて、乾いてきました。













写真でも見えますか?
あちこち、濡れているようにうつっていますよね?
あともう少しです。

お仕事の様子

今日は、あいにくの雨。
だがしかし、雨の時にしかできないしあわせなこともあるの。

晴れた日の私の一日は、家族を送り出したら、お洗濯やお掃除。
そのあとに、お庭の手入れがあります。
そうすると、あっという間にお昼になっていて、なんだか疲れています。
が!
子どもたちのお迎えまでは、デッサンをしたり、頭の中で構想を練ったりとなかなか忙しいのです。

今日は、もう家族を送り出した後のもろもろをやめ~ぇぇ!にしました(笑)。

ちょっと似非的ではありますが、ライブのような感覚で投稿いたします。

下の写真は、作品を描く準備♪
作品の天地は、まだ決まっていません。











そして、少しだけ筆をすすめます。











この後、画材をアクリル絵の具からオイルパステルへ替えるため、乾かしています。
今回はアクリル絵の具に結構なお水を入れて使ったために時間がかかりそう。
乾いて、オイルパステルでの作業が済んだら、また投稿します!

2012年5月11日金曜日

10メートルの世界

かねてから、進まない(笑)さらし木綿の作品の長い長い画面に、はてさてどんな世界を描こうか…。と、考えています。んんん。んんん。 昨日から、息子が不登園を起こしています。私の横で、にこにこしながらぴょんぴょん飛び跳ねたり、変な言葉を作ってはおしゃべりしていて、宇宙人みたいです。そんなことを観察していると、10メートルの世界もおもしろいかもしれないなぁと思います。

2012年5月8日火曜日

再び、積極的に。

気がつけば、5月になりました。 子どもたちもそれぞれに入学や入園をして、新しい場所での過ごし方にもなれてきた様子。 私もそろそろ活動を積極的に始めたいところです。今、作業中の木綿の作品と随分以前に作品の下の部分をアップした平面を仕上げようと頑張っています。

2012年3月19日月曜日

『季刊午前』第46号

日曜日、『季刊午前』の最新号をいただきに天神に行ってきました。
今回使っていただいたのは、この作品。












本当と思えること
2002
100×147mm
オイルパステル・ガッシュ・紙、ケナフ


前号のサイズよりも少し大きくて、うれしかったです。
モノクロでしたがしっかりと質感も出ていてよかったです。

2012年3月16日金曜日

『季刊午前』

再び、『季刊午前』の挿画に作品を使っていただきました。 まだ、新しい冊子がないので、どんな風かはわかりませんが、嬉しい♪ 近いうちにご報告します!!

2012年3月5日月曜日

作業 2

私は、つくづくモノのサイズに疎いです。 先日、購入したさらし木綿を洗濯しました。 ものすごく長くてたまげました!! そして、乾いてから、アイロンをかけたのですが、ただひたすらアイロンをかけるという作業に根気を要しました!! さて、これから私は、この長いさらし木綿に絵を描くのですがいかに…。 んんん~。

2012年2月17日金曜日

作業 1

先週の木曜日に、手芸品屋さんでさらし木綿を購入しました。 妊婦時代にお世話になったものです。 ひとつの商品が、2メートルだと勘違いしていた私。 実は、10メートルありました!! パッケージの表示を見てたまげましたが、それしかないのでレジでお金を払いました。 しかし、それほど長いものもおもしろいかもしれません。 今回はお腹に巻くのではなく、絵を描きます。 まずは、洗濯です。

2012年2月3日金曜日

誰かの日常に私の絵画が寄り添うということ

私の絵画は平面です。 その広がりは、非常に限られていて、考えても考えても行き着く先は、やっぱり『どうしよう』というところに戻ってしまうのでした。 誰かの日常に私の絵画が寄り添うということ。 商業としての私の絵画のあり方。 これから、私が取りかかったこの課題について、報告してゆきたいと思っています。 この季節、頑張っていましたが、喉を痛めてしまいました。 熱も昨日は、38度まで出て辛いです。 みなさま、おからだおいといくださいますように。

2012年1月28日土曜日

またも…

木曜日から、娘が吐き気をもよおしました。
嘔吐下痢。ふぅ。
これまでのようにひどくはない様子。
いろいろありますなぁ。

私は、その間にも少しずつ、少しずつ仕事を進めています。













ところで、私は中学生の頃、沖縄で過ごしました。
その時に親しくしていたお友達がいます。
今はもう、年賀状で挨拶をする程度ですが、とても心に残っているお友達です。
その子が結婚したことを知りました。
もううれしくてうれしくて、たまりませんでした。
お祝いに、絵を贈ろうと思い立ちました。
そこにある幸せを表現できたらいいなぁと思っています。

2012年1月19日木曜日

木曜日はお仕事の日

四月までは、木曜日がお仕事の日。
息子もお姉ちゃんを真似して、一週間に一日だけ幼稚園に行きます。
それが、木曜日。

今日は鉛筆でデッサンの様なものを描きました。



2012年1月9日月曜日

新しい年。

6日。どこでもらったのか、子どもたちがほぼ同時に発熱。
嘔吐の風邪を引きました。
2日に渡って点滴。変わってあげたかった。

私の今年の目標。
歩くことで体力を作ること。
本を100冊読むこと。
心を穏やかに家族みんな和して生活できるよう努力すること。

それから。
ふと気がついたことがあります。
それは、どう活動すればよいかを悩むのではなく、作品を積み重ねて、それをひとりでも多くのひとに見てもらうことの方が大切なのだということ。
卑屈になったり、後ろ向きになることもあったけれど、ひたむきでいようと思います。